pixta_80501253_M.jpg

観光名所

あなたの予定に合わせて、
完全オンラインコースをご用意

ニューヨークの観光名所はどこでしょうか?

ニューヨークの象徴ともいえるエンパイアステートビル、ブルックリンブリッジ、自由の女神など。

これらはニューヨークに来たら外せない定番の名所です。しかし他にもエキサイティングなものはあるのでしょうか。ヘリコプターツアー。クルーズボートからニューヨークのスカイラインを眺めるのはいかが?

セントラルパーク
pixta_24565693_M.jpg

旅行者にとってNY観光では外せないのが「セントラルパーク」。園内には動物園、植物園、ベセスダ噴水広場、ボウ・ブリッジなど有名な観光スポットがあります。

また、世界で最も多く映画やドラマの撮影が行われている名所としても有名。『SEX and the CITY』『ゴシップガール』『魔法にかけられて』『恋人たちの予感』『メン・イン・ブラック3』etc…最新のロケ地を辿る旅もおすすめです。

タイムズスクエア
pixta_61980070_M.jpg

テレビの中継などでもおなじみの「タイムズスクエア」。数多くのショップやレストランが並び、ブロードウェイミュージカルの劇場も付近に点在しています。企業やミュージカルの巨大な広告やディスプレイ、ネオンサインが目印です。

このエリアは観光案内所やお土産が買えるショップもあり、地下鉄の線がいくつも乗り入れているので、旅行者だけでなく、一日中多くの人が行き来している賑やかな街です。

 

また、世界で最も多く映画やドラマの撮影が行われている名所としても有名。『SEX and the CITY』『ゴシップガール』『魔法にかけられて』『恋人たちの予感』『メン・イン・ブラック3』etc…最新のロケ地を辿る旅もおすすめです。

ブロードウェイミュージカル
pixta_60141258_M.jpg

ニューヨークと言えばトップエンターテインメントが集まる街。特に「ブロードウェイミュージカル」は一度は観たいもの。タイムズスクエア付近には約40の劇場があり、毎日たくさんのショーが上演されています。

初めての方におすすめなのは、王道の『オペラ座の怪人』『マンマ・ミーア』など。全編英語ですが、話は簡単なので旅行者でも言葉の壁をあまり感じずに楽しめます。

自由の女神
pixta_43059968_M.jpg

言わずと知れた名所、ニューヨークを代表する世界遺産「自由の女神」。高さ48.05m、重さ225トン、右手にはたいまつ、左手にはアメリカ合衆国の独立記念日である1776年7月4日とフランス革命勃発(バスティーユ襲撃)の日である1789年7月14日と、ローマ数字で書かれた銘板を持っています。

自由の女神があるリバティ島に行くフェリーはマンハッタン南端、バッテリーパークから毎日午前9時から午後3時半、1時間に2本出航しています。

ハイライン
pixta_5389119_M.jpg

かつて、食料や物品の運搬のために使われていて廃線となった高架貨物線。廃線となったその跡地が1.6kmの空中緑道公園「ハイライン」となり、ニューヨーカーから旅行者までが注目する観光地になっています。

高架橋はモダンな散策路としてリノベーションされ、100種類以上の草花や木々があり、至る所に個性的なアートを設置されています。ニューヨークのビル群を眺めながら散歩ができ、とてもロマンチック!

メトロポリタン美術館
pixta_24059529_M.jpg

世界三大美術館の一つとして有名な「メトロポリタン美術館」(通称:Met)。300万点以上のコレクションを保有し、学生の課外授業の場にも使われるほど。教科書で見たことあるような超有名美術品がズラリと並んでいます。

入館料を支払うと、メトロポリタン美術館マークのシールを渡されます。それをスタッフから見える場所に貼り付けておくと、当日中は美術館に出入り自由!ぜひ丸一日かけてじっくり観て回ってみてくださいね。

チェルシーマーケット
pixta_33131525_M.jpg

流行に敏感なお店が豊富に揃う名所「チェルシーマーケット」。1890年代に建設されたナビスコの工場を、1997年に改装して造られた屋内マーケットです。古い看板や天井、そしてナビスコを代表するお菓子オレオが描かれた壁など、かつて工場だった造りをあえて残したレトロな雰囲気もおしゃれ。

マーケットには、40店以上のレストラン、カフェ、スイーツ、デリ、食材店など、ニューヨークを代表するグルメストアが集まっています。雑貨やキッチングッズのお店もあるのでお土産探しにもおすすめ!

ロックフェラーセンター
pixta_81372576_M.jpg

大富豪ジョン・D・ロックフェラーによって、1939年に建てられた「ロックフェラーセンター」。複数のビルからなっていますが、その一つである、GEビルディングの最上階に設けられた展望台「トップ・オブ・ザ・ロック」からは、NYの絶景が望めます。

昼と夜、両方の景色を楽しみたいという方には、1日に2回トップ・オブ・ザ・ロックに登ることができる、お得なサン&スターズチケット(Sun & Stars)もありますよ。

エンパイア・ステート・ビルディング

pixta_33911239_M.jpg

世界一の摩天楼を誇るマンハッタンの夜景。夜景をビルの上から見て楽しむ定番人気スポットが、「エンパイア・ステート・ビルディング」です。

北にはタイムズスクエアやロックフェラーセンターを含む夜景を見ることができ、南には今やマンハッタンで最高の高さを誇るワンワールドトレードセンターを含むウォール街の夜景(写真)が広がっています。

9/11メモリアル博物館
pixta_74585578_M.jpg

2001年9月11日に発生した、アメリカ同時多発テロ。

 

2014年にオープンした「9/11メモリアル博物館」は、かつて世界貿易センタービルが立っていた場所にあります。

 

博物館に入ると、“大惨事が起きる直前にニューヨークの街並みを撮影した写真”“崩れ落ちる前と後を対比させた写真”を見ることができます。館内は照明が落とされて薄暗くなっているので、大きな写真の迫力がさらに増しているように感じられます。

グランド・セントラル・ステーション
pixta_62356438_M.jpg

NYの顔とも言われるこちらの駅。素晴らしい建築で、駅天井には数多くの星座が描かれています。それだけを写真に収めるために訪れる方も多いようです。

地下にはフードコートがあり、自由に飲食することができます。また「オイスターバー」や、最近日本にも上陸した「シェイク・シャック」、チーズケーキで有名な「ジュニアーズ」などのレストランも並んでいます。

ウォール街
pixta_59943338_M.jpg

ウォール街は、ニューヨークのマンハッタン南端に位置する金融ストリートです。


トリニティ教会前のブロードウェイに接しており、イーストリバーに沿うサウスストリートまで続く通りで、オランダ西インド会社がイギリスなどから攻め込まれるのを防ぐために作った防護壁に由来すると言われています。神殿のように美しい巨大な石柱や細かな彫刻が印象的なニューヨーク証券取引所や、フェデラル・ホール、今にも走り出しそうなブロンズの雄牛像などが見どころです。


西側には地下鉄ウォールストリート駅があり、アクセスしやすくなっています。

5番街
pixta_81876468_M.jpg

ニューヨーク・マンハッタンを南北に走る「アヴェニュー(Avenue)」と呼ばれる通り。

 

ワシントン・スクエア公園から142丁目通りまでの約12kmにおよび、中でも34丁目と59丁目のあいだは、パリのシャンゼリゼ通りやロンドンのオックスフォード通りと並ぶ、世界的にも有名な高級商店街です。

 

高級ブランドショップだけでなく、ユニクロやフォーエバー21、アバクロなどカジュアルなショップも並びます。

ソーホー
pixta_59614094_M.jpg

ニューヨークのソーホー:ソーホーって、South of Houstonの略だということ、さらに、Housetonはヒューストンではなくてハウストンと発音することをご存知でしたか?ハウストンは番号で呼ばれる丁目(ストリート)が始まるすぐ下(南)の、東西に走る通りです。そしてソーホーは地図上で、そのハウストンストリートのすぐ下に位置しています。

 

ホップオンホップオフバスはこちらにも停まります。この地区は映画やテレビ番組でも知られていますので、撮影で通行止めになっていても驚かないことです。

国際連合本部ビル
pixta_34329472_M.jpg

国際連合は1945年に、人権、安全保障及び世界経済に関してのより良い共同関係のために、51の国家によって設立されました。2011年には193の国が加盟しています。国連本部はニューヨークのFirst Avenue、イーストリバー沿いにあり、一般公開されています。ここが有名なニューヨークの193の国旗を観られる場所でもあります。ニューヨーク 国連本部 は、193の加盟国すべてに属する特別な不可侵ゾーンに位置しています。このゾーン内に独自の警備、消防隊を持っており、また郵便局と事務局があります。

グッゲンハイム美術館
pixta_83688886_M.jpg

ニューヨーク グッゲンハイム 美術館 では、1860年代から現代までの(近現代)美術を展示しています。美術館の焦点はゴッホやカンディンスキーの作品のような印象派と表現主義、そして近現代美術に置かれています。グッゲンハイムはまた、最多のパブロ・ピカソの作品を所蔵する美術館のひとつでもあります。公式にはソロモン R. グッゲンハイム美術館と呼ばれるこの美術館では、特別展も開催しており、抽象芸術を愛するすべての人必見です。

アポロ・シアター
pixta_34329472_M.jpg

国際連合は1945年に、人権、安全保障及び世界経済に関してのより良い共同関係のために、51の国家によって設立されました。2011年には193の国が加盟しています。国連本部はニューヨークのFirst Avenue、イーストリバー沿いにあり、一般公開されています。ここが有名なニューヨークの193の国旗を観られる場所でもあります。ニューヨーク 国連本部 は、193の加盟国すべてに属する特別な不可侵ゾーンに位置しています。このゾーン内に独自の警備、消防隊を持っており、また郵便局と事務局があります。

カーネギーホール
pixta_83688886_M.jpg

ニューヨーク グッゲンハイム 美術館 では、1860年代から現代までの(近現代)美術を展示しています。美術館の焦点はゴッホやカンディンスキーの作品のような印象派と表現主義、そして近現代美術に置かれています。グッゲンハイムはまた、最多のパブロ・ピカソの作品を所蔵する美術館のひとつでもあります。公式にはソロモン R. グッゲンハイム美術館と呼ばれるこの美術館では、特別展も開催しており、抽象芸術を愛するすべての人必見です。

マディソンスクエアガーデン
pixta_34329472_M.jpg

国際連合は1945年に、人権、安全保障及び世界経済に関してのより良い共同関係のために、51の国家によって設立されました。2011年には193の国が加盟しています。国連本部はニューヨークのFirst Avenue、イーストリバー沿いにあり、一般公開されています。ここが有名なニューヨークの193の国旗を観られる場所でもあります。ニューヨーク 国連本部 は、193の加盟国すべてに属する特別な不可侵ゾーンに位置しています。このゾーン内に独自の警備、消防隊を持っており、また郵便局と事務局があります。

ヤンキー・スタジアム
pixta_83688886_M.jpg

ニューヨーク グッゲンハイム 美術館 では、1860年代から現代までの(近現代)美術を展示しています。美術館の焦点はゴッホやカンディンスキーの作品のような印象派と表現主義、そして近現代美術に置かれています。グッゲンハイムはまた、最多のパブロ・ピカソの作品を所蔵する美術館のひとつでもあります。公式にはソロモン R. グッゲンハイム美術館と呼ばれるこの美術館では、特別展も開催しており、抽象芸術を愛するすべての人必見です。

リンカーンセンター
pixta_34329472_M.jpg

国際連合は1945年に、人権、安全保障及び世界経済に関してのより良い共同関係のために、51の国家によって設立されました。2011年には193の国が加盟しています。国連本部はニューヨークのFirst Avenue、イーストリバー沿いにあり、一般公開されています。ここが有名なニューヨークの193の国旗を観られる場所でもあります。ニューヨーク 国連本部 は、193の加盟国すべてに属する特別な不可侵ゾーンに位置しています。このゾーン内に独自の警備、消防隊を持っており、また郵便局と事務局があります。

ブルックリン・ブリッジ
pixta_83688886_M.jpg

ニューヨーク グッゲンハイム 美術館 では、1860年代から現代までの(近現代)美術を展示しています。美術館の焦点はゴッホやカンディンスキーの作品のような印象派と表現主義、そして近現代美術に置かれています。グッゲンハイムはまた、最多のパブロ・ピカソの作品を所蔵する美術館のひとつでもあります。公式にはソロモン R. グッゲンハイム美術館と呼ばれるこの美術館では、特別展も開催しており、抽象芸術を愛するすべての人必見です。

グリニッチビレッジ
pixta_34329472_M.jpg

国際連合は1945年に、人権、安全保障及び世界経済に関してのより良い共同関係のために、51の国家によって設立されました。2011年には193の国が加盟しています。国連本部はニューヨークのFirst Avenue、イーストリバー沿いにあり、一般公開されています。ここが有名なニューヨークの193の国旗を観られる場所でもあります。ニューヨーク 国連本部 は、193の加盟国すべてに属する特別な不可侵ゾーンに位置しています。このゾーン内に独自の警備、消防隊を持っており、また郵便局と事務局があります。

ウィリアムズバーグ
pixta_83688886_M.jpg

ニューヨーク グッゲンハイム 美術館 では、1860年代から現代までの(近現代)美術を展示しています。美術館の焦点はゴッホやカンディンスキーの作品のような印象派と表現主義、そして近現代美術に置かれています。グッゲンハイムはまた、最多のパブロ・ピカソの作品を所蔵する美術館のひとつでもあります。公式にはソロモン R. グッゲンハイム美術館と呼ばれるこの美術館では、特別展も開催しており、抽象芸術を愛するすべての人必見です。